キャッシングの契約を5社以上同時に結ぶ時に気をつけたいこと

キャッシングに申し込むとき、同時に複数の会社に申し込むことは出来ますが、同時に契約に申し込む会社が多いほど審査が不利になります
特に4社以上は不利になると言われているので、5社以上は出来れば止めておいた方がいいでしょう。
最大でも3社ぐらいにしておいて、数日にわけて契約をするようにしたほうがいいです。

同時に複数のキャッシング会社に申し込んだ場合、総量規制にかかりやすくなります。
法律によって銀行などを除く貸金業社からの借り入れは、全ての合計で年収の3分の1までと制限されています。
複数の会社に申し込んだ場合、借り入れの申し込みの額も増えてくるのでこの規制にかかりやすくなります。
また、5社以上など複数の申し込みをした場合、信用情報によってすぐに把握されてしまいます。

他にもキャッシング会社に、それだけ財政的にせっぱつまっている状況だと判断されてしまいます。
そうなってくると、会社側からすると返済してもらえないのではないかと疑われてしまうので、審査が通りにくくなるわけです。
それでも、複数社に申し込みをして審査を通るかどうか確かめるには、先にお試し診断などを利用するといいでしょう。
これは、複数社から借入などの状況を入力してから、借りることが出来るかどうかを簡単に判断するもので、これで審査が通るかどうかを確かめていくことが出来ます。
そして、可能性が高いと判断されたキャッシング会社に申し込んでいくことで、審査が通りやすくなります。